【ダイエット】痩せて良かったこと!太っているデメリット

痩せて良かったこと

「ダイエットしてるけど、思うように結果がでない…もう2度と痩せれないかもしれない…」

ダイエットをしていると、体重が落ちない、変化を感じれない壁に誰しもがぶつかります。

結果が出ないとモチベーションが下がって、結局リバウンドという悪循環がおこる人もいますよね。

でも、痩せてやりたかったこと、思い出しませんか?

ここでは、痩せて良かった!という人たちの実体験や、太っているままのデメリットを紹介します。

この記事を読めば、ダイエットのモチベーションのアップに役立てることができますよ。


実績!痩せた人たちの声

まず、痩せてよかった!と思っている人たちの声を紹介します。

「ダイエットなんてしたって無意味」
「全然痩せない…。」

こんなふうに思って、ダイエットしてるのに辞めたくなってる人、ちょっと待ってください。

実際痩せた人の声を聞いて、モチベーションを取り戻していきましょう。

「恋愛」や「おしゃれ」で、痩せてよかった、と感じる人ばかりですね。

痩せた結果前向きな発言をする人も多く、キラキラした女性が多かったです!素敵!

痩せて良かった!4つのメリット

痩せて良かったこと

痩せた人たちは、「痩せてから○○ができて嬉しい!」と思う人たちがほとんどです。

痩せた努力が実って、太っていたときではできなかった、嬉しいことばかり起こるようですね。

ここでは、痩せて良かったことの4つの例を紹介していきます。

  • おしゃれを楽しめるようになった
  • 人の目線が気にならなくなる
  • 自分に自信をもつことができる
  • 男性にモテるようになる

それぞれ、確認していきましょう。

おしゃれを楽しめるように

痩せると「着れる服」ではなく、「着たい服」を着れるようになりおしゃれが楽しめるようになります。

痩せてサイズが変わるからですね。

太っているときは、大きいサイズやLLサイズしか入らなくて、かわいい服を選べない…という状況が一変。

痩せたおかげで、おしゃれを楽しめるように!

オシャレな洋服屋さんに入るのも、堂々とできるようになって、買い物が楽しくなります。

服を全部買い換えることとなり、「お金が足りない」と嬉しい悲鳴をあげる人もいるくらいです。

痩せるとおしゃれが楽しめるようになります。

人の目線が気にならなくなる

痩せたら、人の目線を気にすることがなくなった、という人は多いです。

太っていると「デブ」と周囲の人が笑っている気がしたことありませんか?

そのせいで、出かけるのが億劫になってしまったり。

太っていることが、引け目を感じさせているということですね。

痩せると堂々と出かけられるメンタルになるのも、メリットです。

自分に自信をもつことができる

痩せたことで、自信をもてます。

まず、痩せた達成感が自信をつけてくれます。

自分は、目標を達成できる人物なんだ!と思うことができるのです。

それに、痩せたら周囲が褒めてくれます。

「痩せたね」「きれいになったね」「かわいくなった」などなど。

痩せると自己顕示欲が満たされて、自信がつくんですね。

自分に自信を持てれば、性格も明るくなりますし、ポジティブな生活を送れるようになります。

男性にモテるようになる

痩せたら男性からモテるようになります。

告白されたり、ナンパされたり、飲み会に誘ってもらったり…

太っていたときは出会いのチャンスすらなかったのに、痩せてからその機会が多くなることもあります。

太っていた時に相手にしてくれない人なんて…と思うかもしれませんが、やっぱり人は見た目も重要なんですね。

異性にモテるようになるのは、人によってはかなりのメリットです。

痩せたらどんな良いことがあるのかご紹介しました。

では反対に、太っていることで、損することってなんでしょうか?

太っていると起こりうる4つのデメリット

そんなの損ばっかり!と思うかもしれませんが、現実をみることはとても大切です。

改めて「太っているって損だな」と思うことを紹介していきます。

  • 体が重い・動きづらい
  • 老けてみられる
  • 股ずれが起きる
  • 男性にモテるようになる

それぞれ、確認していきましょう。

体が重い・動きづらい

太っていると、動きづらいデメリットがあります。

太っている=体が重い、というのは当然ですよね。

階段を登りづらい、少し走っただけで息切れが…なんてことも。

痩せている人より、体力が少なくて、動くのすら億劫になるから、余計に太るという悪循環を生み出すのです。

恐ろしいですね…

健康のためにも、体を軽くする必要はありそうです。

老けてみられる

太っていると、実年齢より老けて見られることが多々あります。

太っていると、顔や体の肉が重力に逆らえず、垂れに垂れまくるからです。

そうすると、実年齢より老けてみられてしまうのですね。

20代なのに30代、下手したら40代にみられることも…

反対に、痩せれば若くみられた!という声もあります。

女性としていつまでも若々しくみられるのは嬉しいことです。

せめて実年齢の通りにみられたいですね。

股ずれが起きる

太っていると、股ずれが起きます。

股ずれとは、太ももが太すぎて、歩くと股に近い太もも同士が擦れてしまうこと。

太ももが擦れて痛くなったり、ジーパンの股の部分が破れてしまったりするのです。

この股ずれはとにかく痛い!肌の部分も黒くなる。

痩せていたら、太もも同士がくっつくこともなく、怪我することもない…

太っているって、怪我も誘発するんですね。

汗を大量にかく

太っていると汗を大量にかいてしまうのも、デメリットのひとつです。

電車の中でみんな涼しい顔をしてるのに、一人だけ汗だくで肩身が狭くなる…

太っていると、尋常じゃないくらい汗をかきまくって、恥ずかしい気持ちになることも。

拭いても拭いても止まらない汗。これだけ汗をかくなら少しは痩せてくれればいいのに…

痩せている人は、あまり汗をかかないようです。

太っていることで起きるデメリットはまだまだたくさんあります。

太っていて得した!という意見はあまりないのが、現実。

頑張って痩せようという気になりますね。

ダイエットのモチベーションに役立つ本を3つ紹介

最後に、ダイエットのモチベーションにつながる本を3冊紹介します。

  • スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました
  • やせる生活
  • 最強ずぼら女子が成功した唯一のダイエット

実際に痩せた人や、肥満外来のお医者さんが書かれた本などがありますので、その体験や助言をぜひ参考にしてみてください。

スリム美人の生活習慣を真似したら1年間で30キロ痩せました わたなべぽん/著


筆者であるわたなべぽんさんが、96キロあった体重を1年で30キロ落とすというエピソードが収録されています。

無理に痩せるのではなく「この場合美人ならどうするか?」と考えることで、生活が改善され、思考も変わっていくお話です。

誰でもいますぐ実践できる、ダイエットの思考の変え方が参考になる本なのでおすすめ。


やせる生活 [ 島野雄実 ]


肥満外来を運営されている島野雄実先生の著書です。

「痩せる」というのは「生活を変える」ことであり、それは決して「りんご1つの生活」「毎日走ります」などの無理なことを続けることではない。(引用:やせる生活 [ 島野雄実 ])

痩せなくて焦る人は、これを読めば「無理しないで自然と痩せる道を選ぼう」と思えるようになりますよ。

最強ずぼら女子が成功した唯一のダイエット

過去に数えきれないほどのダイエットに挑戦し挫折した、現在40代の女性が、「毎日30秒でもいいから続けること」だけを目標に、自分の理想の体型までたどり着いた方法を伝えている本です。

コミックエッセイのように漫画で軌跡が描かれているので、読みやすくなっています。

ダイエット指南本というよりも、ダイエットにおける気持ちの整え方を教えてくれるような本なので、ダイエットが「続けられない」ことで悩んでいる人に特にお勧めです。

まとめ

痩せて良かったことと合わせて、太っていることのデメリットも紹介しました。

もちろん太っていることがダメなわけではありません。

しかし、「痩せたい」と悩み続けている人は、自分の気持ちに正直に痩せるのが一番です。

痩せればいいことづくめだと考えて、モチベーションを維持してダイエットを頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました